ホーム > 店主ブログ > ひまわり

店主ブログ

出来事、想ったこと、そしてネコのこと、自由に綴っております。
2015年02月26日(木) [日常]

ひまわり

 

今日、たこ焼き屋さんの前を通ったので、

お土産に買って帰りました。

最近はおばちゃんとかではなく、若い

男の人が焼いているのが多いです。

別段、接客に問題がある訳でもなく、逆に

威勢があっていいと言えばいいのですが、

どうもたこ焼きを買うときの「ほんわか」感

がなくなってしまった気がします。

 

僕は思い出しました。

高校生の頃、自宅からバスで駅まで行く

途中、小さな川の横に建っていたあの

たこ焼き屋さんを。

 

ちょっとした空き地にポツンと建っていた

屋台に毛が生えたような小さなお店。

 

バスが橋を渡る時にだけ見える光景、

決して忘れることはないあの光景。

 

バスの窓から見るそのお店は、40歳代

のおばちゃん(当時の僕からすれば) が

焼いていました。

見えなかったのですが、奥にいる誰かと、

いつも何か楽しそうに喋りながら焼いて

いました。

たぶん旦那様だろうと想像していました。

 

「いつ見ても笑顔だ」

 

本当なんです。

いつ見ても、パッとした笑顔なんです。

随分と距離があるのに、生き生き感が

伝わって、こっちまで嬉しくなるのです。

印象的だったのは、喋っている後ろの

相手に、何度も大きく振り返るその仕草

でした。

 

「楽しそう・・・」

「仲がいいんだ・・・」

 

ある時・・・

そんなお店が取り壊されてしまった

のです。

 

「だめだったのかぁ・・・」

 

無意識に心の中で応援していたの

だと思います。

何か切なく、寂しい・・・

 

跡地には、小さいな白い二階建ての

建物が作られました。

 

そして・・・、

 

そこには、たこ焼きを焼く、

笑顔のあの人がいました。

 

そうなんです。

お店を大きくされたんです。

 

二階の窓に、たこ焼きを持って階段を

上がってくる「奥の誰か」の姿が見えました。

 

40代くらいの優しそうな男の人でした。

 

「ああ、二階がテーブル席なんだ・・・」

 

とても、とても・・・とても嬉しかった・・・

 

 

白い壁に黄色い大きな文字がありました。

そのお店の名前、

 

「ひまわり」 って言うんです !

 

 

 

 

組合せ自由6時間パック 引越しクリーニング 消臭クリーニング キッチン・レンジフード 浴室・トイレ・洗面 エアコン高圧洗浄 窓・網戸・床ワックス 鳩対策・鳩駆除・鳩の糞被害を解決 店舗おそうじサービス
優美ハウスクリーニング号

当店でハウスクリーニングをご利用くださいますと、その代金の一部がユニセフに寄付されます。ほんとにささやかな活動ですが、お客様からいただく代金の一部が、毎月、栄養補助食にして69袋相当と、予防接種用ワクチン156回分相当に変わっています。

Top